男性ホルモンの補充療法で年齢の悩みが解消

体力の低下を感じることが増えました

体力の低下を感じることが増えました | 男性ホルモンの補充療法を受けることになりました | 治療に合わせて食事療法も行いました

体力の低下や体型の変化、休日のやる気のなさに集中力の低下など、年齢と共に様々な問題が現れ始めました。
最初は運動不足や食習慣、溜まりすぎた疲れが原因だと思っていましたが、生活習慣を見直したり十分に休息しても改善されませんでした。
これは何かがおかしいと思い、加齢の問題に詳しいクリニックを探し、そこで相談を行いました。
重大な病気が隠れていたら怖いので、診断結果が出るまでは不安でしたが、診断後は当てはまる症状に納得で腑に落ちています。
選んだクリニックは駅に近く、週末も診療を行っている施設で、院長が若く穏やかそうな印象を決め手に選びました。
電話で予約を入れると相手は穏やかな声で、電話の前は緊張していましたが、優しい言葉遣いややり取りですっかり緊張は解れ、ますます印象が良くなりました。
当日は予定通り、指定されたものを持って交通機関に乗り、約束の時間に到着しています。
受付を済ませ問診票を記入して待っていると、しばらくしてから名前が呼ばれました。

Facebook 見てたら男性更年期障害の治療に「男性ホルモン補充療法 (テストステロン補充療法)」という治療法の広告がターゲティングされて流れてきた。
これド直球のドーピングなんだけど、普通に医療機関で受けられるしドクターが処方してるんだな。
米国とかでも医療行為なら合法?同化作用すごそう。

— nipotan (谷口公一) (@nipotan) June 26, 2020